半日断食(ファスティング) 漢方でアトピー治療

脱ステロイドをするとなぜアトピーが酷くなる(リバウンドする)のか

まるで万能薬のように使われるステロイド。

アトピーだけでなく、風邪を引いてもステロイド系の薬が処方されることがありますもんね。ステロイドの基本的な効能は「炎症を抑える」ことなので、良くなったように見えるのです。でも、これが曲者なのです。

湿疹や炎症などが起こる理由

  • 体にとってなんか異物っぽいのが来る
  • 免疫細胞が倒しに行く
  • ドンパチやる(これが炎症になる)

ステロイドは免疫細胞がドンパチやっているところに行って、悪いものを倒すのでなく、免疫細胞を抑えにかかります。結果としては、ドンパチ(炎症)はおさまります。

脱ステロイドをするとリバウンドが起きる理由

ステロイドで炎症を抑えたところで、火種はくすぶったままです。脱ステロイド(ステロイドを止める)すると、免疫細胞が再び動き始めるので、再び炎症が起こります。当たり前ですね。

これがリバウンドです。これが辛くて、ステロイド漬けに戻る人が多数います。私の場合には、ステロイドを使ったところで、まったく改善しなかったのでリバウンドがあってもステロイドに戻ることはしませんでしたが、辛さはよくわかります。

免疫細胞と異物の戦いが終わる(和解する)のを待つのが唯一の治療法

私は高槻市の松本医院に通い続けていますが、そこは絶対にステロイドは使いません。漢方薬で体の免疫力を復活させることが目的です。免疫細胞が復活するとリバウンドが酷くなるんじゃ?と思いますが、そのとおり。そのリバウンドが酷く、通うのを止める人が多数。口コミとかを見ると詐欺だのなんだのと叩かれまくっています。では、いつ治るのか。免疫細胞が、異物との和解をするのを待つのです。松本医院ではこれを寛解(かんかい)と呼んでいます。和解が成立すると炎症が収まるので、アトピーも出なくなるというわけです。

松本医院では、断食をしたらアトピーは出なくなると書かれていますが「ずっと食べなかったら死ぬ」ともあります。(どこに書いてあったかは忘れました)私は、半日断食でアトピーの症状自体を軽減しながら、免疫力を高めるようにしています。

まだまだところどころアトピーは出ますが「こんな状態なら死んだ方がまし」と時折思っていたころに比べると断然良くなっています。

経過は半日断食(ファスティング)を約2年続けた結果は?アトピー治療の成果は?でもご覧ください。

 

-半日断食(ファスティング), 漢方でアトピー治療
-, , , , , ,

© 2020 アトピー性皮膚炎30年治療記 Powered by AFFINGER5